Google

『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『私の妊娠・出産のときの話』
私の娘は来月で3歳になります。
この子が私の初めての子供になります。
最初に妊娠したとき、もう年齢的には
私もいい歳だったので生みたい気持ちは
あったものの、結婚と妊娠の順序が
逆だったため、ちょっと戸惑いました。
今はできちゃった結婚も多いけど
私の中では妊婦になるよりもまず先に
結婚をして甘い新婚生活を
送ってから…と思っていたので
中絶しようか生もうか、それに
本当にこの人と結婚して幸せに
なれるのだろうかと真剣に悩みました。






生む決意をしたのは当時付き合っていた
今の旦那の一言。
男らしく「生んで欲しい」と言われたことと
「お前とならずっと一緒にいたいと
初めて思えたんだ」みたいな言葉だったと思います。
妊娠して出産するまで、陣痛の痛みって
どんなものだろうとかなり不安で
出産経験者の友達に何度も陣痛の痛みは
どれくらいのものなのか聞きまわっていました。
私、かなりヘタレなんですw
実際生んでみて、かなり痛かった。
陣痛はハンパなく痛かった。
でも、子供の顔を見た瞬間、痛さなんて
どうでも良かった。
無事生まれてきたことに心から感謝した。
お腹が大きくなってずっと思っていたことは
「早くこの子に会いたい」という気持ちだったから。






今では育児に毎日慌しい毎日だけど
この子を生まなければ良かったなんて
一度も思ったことがない。
生まなかったらどんな人生を送って
いたのだろうとは考えたことがあるけれど
わが子をみて、生んだことには全く
後悔はない。
あるものとすれば感謝だろうか。
子は親を選べないというけど、子は親を
選んで生まれてくるのだと今はそう感じます。
スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2008/08/15 16:45】 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ウィジェット使ってみる? | ホーム | 敬老の日にプレゼントしたいもの>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://puttan.blog85.fc2.com/tb.php/2222-bbfc7ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する



■■お勧めリンク一覧■■

ビール

求人情報



コンタクトレンズの通販サイト

グアム・サイパン・ハワイ・北米の格安海外旅行ならR&Cツアーズへ

携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ

国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」    

【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台

海外旅行・国内旅行を提供する旅行会社「旅工房」

パソコン修理やパソコントラブルはパソコン生活応援隊!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。